Category: 未分類

0 comments

インターナショナル・オープンデータ・デイがいよいよ明日に近づいてきました。各地で準備が着々と進んでいることと思います。

今日は、一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン(OKFJ)が中心となって呼びかけている国内での開催呼びかけ・支援活動全体への共催・後援をいただいている組織・団体のご紹介をします。

共催:
一般社団法人コード・フォー・ジャパン
市民参加型のコミュニティ運営を通じて、地域の課題を解決するためのアイディアを考え、テクノロジーを活用して公共サービスの開発や運営を支援していく非営利団体です。OKFJとはこれまでもオープンデータ関連のイベントを一緒に開催するなどしてきたパートナーです。主に技術面のサポートをお願いしています。

後援:
独立行政法人情報処理推進機構
日本のIT国家戦略をソフトウェア分野における技術面、人材面から支える経済産業省所管の独立行政法人です。昨年にひきつづき、後援をいただきました。

オープンデータ流通推進コンソーシアム
オープンデータの流通を促進する環境を整備するため、産官学が共同で取り組む活動母体として2012年に設立された団体です。昨年にひきつづき、後援をいただきました。

協力:
Peatix
Peatixは誰でも使えるイベントページ、Eチケット、参加者交流、受付管理 のWEBサービスです。オープンデータデイの趣旨に賛同し、イベント開催ノウハウの提供や、Peatixで参加者募集ページを作り広告掲載を認めることでスポンサー費が主催者に入るプログラムを提供してくださっています。

0 comments

大雪のため予定を短くして開催しました。

1.各地の開催準備状況紹介

2.ライトニングトーク

本番当日(2/22)に向けて利用できるツールや対象テーマ・課題の紹介

0 comments

2月22日のインターナショナルオープンデータデイ当日に向けて、便利なツールや活用できそうなデータ、解決が必要な社会課題や役立ちそうな視点、イベントの運営方法などについて、さまざまな方にゲストブロガーという形でご登場いただき、情報発信していこうと思います。

今回は、その第一弾として、オープンデータ流通推進コンソーシアム事務局の村上文洋さんに、現在、総務省のオープンデータ実証実験で提供されているデータについてご紹介いただきました。

オープンデータ実証実験で提供されている公共データを、インターナショナル オープンデータ デイで活用しましょう!

総務省
オープンデータ流通推進コンソーシアム

総務省が平成25年度に実施しているオープンデータ実証実験では、以下の7つのテーマのもと、様々な公共データが提供されています。これらのデータは、「オープンデータ・アプリコンテスト」(平成26年2月17日(月)正午応募締め切り)でも活用されていますが、2月22日(土)に全国で開催されるインターナショナル オープンデータ デイでも活用可能です。各実証実験では開発者向けサイトも公開しています。ぜひ活用しましょう!

平成25年度オープンデータ実証実験の概要
(各実証実験の概要、提供データ、開発者向けサイトへのリンクがあります)
http://www.opendata.gr.jp/2013contest/apis/index.html

スクリーンショット 2014-02-06 17.10.12 (2)