[ハッカソン開催ガイド] 5. 運営しよう&共有しよう

(写真:インターナショナルオープンデータデイ2013東海)
インターナショナルオープンデータデイ開催にあたって、ハッカソンやアイデアソンなど、イベント開催に役立つノウハウを更新します。

[ハッカソン運営ガイド2014]


基本的なタイムスケジュール

  • いよいよイベント当日です。ここでは、ハッカソンを開催する場合の基本的なタイムスケジュールを記載します。

10:00  開始
10:30  オンラインレクチャー 1*
〜11:00 司会者挨拶、趣旨説明、レクチャー
〜12:00 ディスカッション、開発、データ作成など
〜13:00 昼食
13:30  オンラインレクチャー2*
〜17:00 ディスカッション、開発、データ作成など
〜18:00 結果発表、質疑応答、優秀賞決定

*今回はOKFJ代表理事 庄司昌彦によるオンラインレクチャーを行います。
オープンデータとは何か、動向や事例などについてオンラインレクチャーを映像配信にて行います。(必要に応じて各自のイベントに組み込んでください)

配信時刻 (午前と午後、2回配信)
(1)10:30〜
(2)13:30〜

中継URL
ustream.tv/user/OKFJ

必読のハッカソンガイドブック

細かな運営のテクニックについては、グローバル版ウェブサイトのWikiに、ガイドブックが日本語化されたものが掲載されています。大変参考になるので、是非ご一読ください。
Open Data Hackathon How to Guide 日本語訳
 

成功させるためのポイント

また、OKFJ代表理事・庄司昌彦の資料「アイディアソン・ハッカソンを成功させるには」のP14以降にも「成功させるためのポイント」が掲載されています。


 

連絡事項・情報提供のお願い

ここからは連絡事項です。世界的なイベントであるオープンデータデイを、是非一緒に盛り上げるために、お願いしたいことを記載します。
去年は雪の青森会場が世界中で話題になったり、写真がグローバルのサイトに掲載されたりしました。今年も、是非皆さんの情報提供をお願いします!

当日必ずやってほしいこと

集合写真を撮って送ってください。メディアや、グローバルネットワークへ共有します。その際、下記の文字が見えるような形で撮影してください。

International Open Data Day 2014 (英語でタイトル)
東京(日本語地名)
TOKYO, JAPAN(英語地名,Japan)

送り先: event@okfn.jp   締め切り: イベント終了後1時間以内

できればやってほしいこと

1. 写真や動画をシェアしてください
写真撮影や録画等した場合、なんらかの場所においてURLをお知らせください。イベント結果として後日公開いたします。
(できるだけオリジナルソース側で明示的に利用ライセンスを設定して頂けると、再利用等がスムーズになります)

送り先: event@okfn.jp  もしくはFacebook 主催者コミュニティ

2. ハッシュタグをつけてツイートしてください
ハッシュタグ「 #oddj14 」をつけてツイートしてください。その際 [千葉]や「鯖江会場始まりました!」など、会場名が分かるような表記をお願いします。写真やコメントも大歓迎。皆で一日を盛り上げましょう! @OKFJでRTしたり、後日まとめたりします。

3. ハッカソン・アイデアソンの成果を送ってください
ハッカソンの成果物や発表資料、概要が分かる写真やテキストなどを送ってください。後日、オープンデータデイのウェブサイトに掲載します。内容によっては、翻訳してグローバルネットワークにシェアしたり、メディアに共有することもあります。送り先: event@okfn.jp

*連絡事項を印刷に便利な一枚のPDFにまとめました。ダウンロードしてお使いください。
オープンデータデイ連絡事項(PDF)

各地への連絡や情報整理を手伝ってくれる方も募集しています。こちらからご連絡ください。
オープンデータデイ2014 サポート&メディアセンター

それでは、皆さんのイベントの成功を祈っています!

text: 庄司望
協力:Peatix

[ハッカソン運営ガイド2014]
1. テーマを決めよう
2. イベントを告知・集客しよう
3. 事前に共有しよう&使えそうな技術や資料
4. 会場チェック&持ち物リスト
5. 運営しよう&共有しよう

Share This: